読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つむじ曲がりと蔓穂蘭

好きなものについて

結論は出ている

また下らないことをうだうだと考えてしまう悪癖

どんなジャンルのコンテンツにしろ、「自分はヲタクである」と自負していたとして、それを名乗るのはハードルが高いなあと思ってしまう。自分がヲタクと呼べるほどかと聞かれると言葉に窮してしまうから。
特に、ジャニーズについては、「ジャニーズが好きです」というのは言えるけど、「ジャニヲタです」とは言えない。ジャニヲタあるある系のツイートに共感出来ず、リア恋?シンメ?美味しいの?関係性?うーん仲はまあ良ければいいかな見てて辛くないから程度で、実生活で関わらないから応援しているのであってリアルはイケメンも苦手過ぎる、とまあこんなスタンスじゃジャニヲタとは言えないよなと思う。
このスタンスに、時々嫌気がさす。自担に黄色い歓声もあげられない(大きい声が出せないし歓声が上がる状況も苦手)そんな私がジャニヲタだとは言えないよな...と思ってしまって落ち込む。
でも落ち込んだところで自担が推しGが好きなことには変わりはないし、でもきっと彼らが想定する「ファン」とは違い過ぎるんだろうと思うと吐きそうになる。どうせなら想定するファンには近づきたいし。不可能だけれども。

こんなことばかりいつも考えてはどうしてファンのあるあるに共感出来ないんだろう、どうして皆が盛り上がる話についていけないのだろうと悲観的になる。

多分好きな対象は同じだけれども、好きの種類やアプローチが違うからなんだよね。結論は出てるんだ。
結論は出てるんだけど、それでも、ふと疎外感を感じる度にこういうことを考えてしまう