読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つむじ曲がりと蔓穂蘭

好きなものについて

私の担当観

久々にブログ再開。

 

この記事を見て「面白そうだな~」と思ったので書かせていただきます。

guru.hatenablog.com

 

 

私には自担が3人います。

こう書くと凄い浮気性みたいだな。私にとっての自担は、香取慎吾さん、藤井流星さん、塚田僚一さんです。呼び方は慎吾、流星くん、塚ちゃん。

慎吾は全てがドストライクで、流星くんは考え方や発想のセンスが好き、塚ちゃんは笑顔に惚れました。

 

私は「一度好きになったら基本的には一生好き」というタイプで、だからこそ担降りもないし担当が増える一方。とはいえ、正直全員に同じ熱量は注げない。言うならば「今日は慎吾について考えちゃうなあ」「今日は流星くん」「今日は塚ちゃん」みたいな感じ。(?)何か凄い良い女みたいだなおこがましいですね(グーパン)

 

自担に関して、というかグループに関してもそうですが、かなり寛容。健康であればそれでいいよ自由に生きなさい、みたいな。曲が摩訶不思議でも発言が謎でも熱愛も結婚もスキャンダルも悪い噂もイージャンイージャンって手叩いて笑ってるバカです。

いつのまにかこんなスタンスになっていた。いいのか悪いのか。

 

なぜ自担になったのか、を考えてみたけれど上手く説明できそうになかった。えびに関しては塚ちゃんが自担といいながら五関くんの話ばっかりしてる気がするし。

その中でも絞り出して言うならば、3人とも見たときに心がじんわりと満たされる人である気がする。

恋愛感情ではないし憧れとはまた違うし崇めてもいないし、なんで自担なんだと問い詰められたら「ナ、ナンデデショウ」と頭がこんがらがってしまう類の名称のない感情だけど、でも間違いなく好きであることには違いがない。回りくどい上に分かりづらい言い回しですね。

 

私はジャニーズ以外にも大切な趣味がいくつもあるので、自担だけを生きがいにして日々を送っている訳ではありません。それでも彼らの笑顔を見るとホッとします。

コンサートに行けない地方民で、お金がないが口癖の金欠学生だから彼らの姿を生で見たことはありません。でも、いつかは見たいと思ってます。そのために日々頑張ろうと思えるほど大切な存在です。

 

以上が担当観です。なんか訳わかんない文章になっちゃったな、ごめんなさい。

 

取り敢えず彼らの頑張りに負けないように私も頑張る次第です。